トレチノインの濃度について

トレチノインの濃度について

濃度によって、効果・反応も違ってきます

一般的にトレチノインの濃度が高ければ高いほど、もしくは塗布量が多くなると、トレチノインが効いている証拠としての刺激性皮ふ炎を生じやすくなります。

 

個人差はありますが、赤みやかゆみ、皮剥けが現れます。

 

これらの反応は、トレチノインを使用する上で必ず起きる副作用であり、逆に言えば、これらの症状が全く起きない場合は、トレチノインの濃度が低すぎる可能性が考えられます。

 

また、濃度が高すぎて体に合っていないのも、副作用が強く出すぎるので問題です。

 

そのため、使用前には濃度考えられる副作用についての知識も身に付けておきましょう。

 

 

トレチノインの濃度と効果・副作用の目安

濃度0.025%

効果と副作用

濃度が低く肌への負担も少ないので、肌が弱い方、副作用が心配な方におすすめです。トレチノイン特有の副作用、赤み・ヒリつき感・かゆみ・皮剥け・乾燥なども最小限に抑えられます。その反面、即効性が得られにくいので、乳首がピンクになるまでの効果を感じるのに時間がかかるかもしれません。

 

0.025%のトレチノイン

スティーバA(トレチノイン0.025%)
スティーバA(トレチノイン0.025%)
BIHAKUEN(トレチノイン0.025%)
BIHAKUEN(トレチノイン0.025%)
トレチノインジェル0.025%
トレチノインジェル(A-retGEL)0.025%

 

 

濃度0.05%

効果と副作用

0.5%以上の濃度となると、しっかり効果と副作用が現れるレベルです。副作用としては、乾燥・皮剥け・痒みなどがあげられます。乳首の黒ずみ対策に美容形成や皮膚科でトレチノインの処方を受けると個人差はありますが、だいたい0.05~0.1%の濃度になってきます。

 

0.05%のトレチノイン

BIHAKUEN(トレチノイン0.05%)
BIHAKUEN(トレチノイン0.05%)
トレチノインジェル0.05%
トレチノインジェル(A-retGEL)0.05%

 

 

濃度0.1%

効果と副作用

低い濃度で効果が得られなかった方でも0.1%ならしっかり効果が得られるレベルです。その反面、トレチノイン特有の赤み・ヒリつき感・かゆみ・皮剥け・乾燥などの副作用が強く出る可能性があります。大量塗布や塗りムラがあるとアカギレの様な症状を起こしたり、最悪出血する場合もあります。初めて使用する方は、低めの濃度から使用すると安心です。

 

0.1%のトレチノイン

BIHAKUEN(トレチノイン0.1%)
BIHAKUEN(トレチノイン0.1%)
トレチノインジェル0.1%
トレチノインジェル(A-retGEL)0.1%

 

 

特に乳首はトレチノインが強く反応します。

同じからだでも、皮膚の薄さやメラニン色素の量などは、部位によってさまざまです。
そのため同じ濃度のものでも、トレチノインの効果や反応が全く現れない部位もあれば、
強く現れる部位もあります。
顔面ほどではないものの、乳首・乳輪は比較的強く反応が出ます。
塗りすぎると過度に反応をおこしてしまうため、使用の際は綿棒を使って薄く塗るなどの注意が必要です。

 

敏感肌の人は弱めの濃度から試すのが安心

個人の判断で使用する際のリスクもを最大限に減らすためにも、まずは弱めのものから使用されることをおすすめします。クリニックで処方してもらうことを思えば、個人輸入代行はかなりの費用が節約できます。たとえ自分の肌に合う濃度を見つけるのに何本か購入が必要でも、肌トラブルが起きる不安と比べれば安いものです。

 

安心の返金保証付き

 

トレチノイン・ハイドロキノン療法の詳細

 

関連記事