ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは

ハイドロキノン

その美白効果の高さから「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノン。

 

何万円もする高級美白化粧品に含まれる成分として、ビタミンCやアルブチン、プラセンタなどがありますが、ハイドロキノンはその約100倍の美白効果を持つとも言われています。

 

日本でもシミや色素沈着の治療する美白剤として美容形成外科や皮膚科などで処方されることから、徐々に知名度が上がってきています。

 

では、ハイドロキノンはどのように皮膚に作用するのか?
具体的にハイドロキノンの効果・効能を見ていきましょう。

ハイドロキノンの効果

新しい色素沈着を作らせない

シミや色素沈着のもとになるメラニン色素を作り出す正体が、酸化酵素。
ハイドロキノンには、この酸化酵素の働きを抑える効果があるので、新しい色素沈着を防ぐ役割をします。

 

今ある色素沈着の色を薄くする

メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを破壊するため、既にできてしまったシミをはじめ、ニキビやアトピー性皮膚炎などで炎症を起こした肌の色素沈着やソバカス、肝斑などにも効果を発揮します。

 

 

チェックビタミンCやアルブチン、プラセンタなどの成分は、新たなシミを予防する効果はあるものの、既にできてしまったシミや色素沈着には有効ではありません。

 

ハイドロキノンは、予防の効果だけでなく、既に生じているシミや色素沈着を薄くすることが可能なことから、ビタミンCなどの美白成分よりもはるかに強い美白効果を発揮してくれます。

 

 

乳首の黒ずみにはトレチノインとハイドロキノンがセット

トレチノインハイドロキノン療法

ビタミンCやアルブチン、プラセンタとは比べ物にならないほど美白効果に優れるハイドロキノンですが、単体ではなかなか肌に浸透しにくい性質を持っています。ましてや、乳首周辺はもともと肌のターンオーバーが乱れがちでメラニンの蓄積が激しい部位です。そのため、ハイドロキノンを単体で処方する美容形成外科や皮膚科はほとんどありません。

 

東京大学病院美容形成外科の吉村教授が考案した
最先端の美白治療法である「トレチノインハイドロキノン療法」に基づき、ハイドロキノンの美白効果を最大限に発揮するためにも、トレチノインとあわせて処方するのが医療の現場では当然になっています。

 

 

美白効果の高い

BIHAKUEN

 

ターンオーバーを促進する

BIHAKUEN

 

安心の返金保証付き

 

 

関連記事

 

黒い乳首をピンクにする方法 トップページに戻る