妊娠・出産による黒ずみ

妊娠・出産・授乳による黒ずみ

妊娠・出産

乳首の色を気にするほとんどの方が、この妊娠・出産が機ではないでしょうか。乳首の色が黒くなる原因から詳しく見ていきましょう。

 

妊娠・出産で乳首が黒くなる原因

メラニン色素の増加

女性は妊娠すると、妊娠を継続しようと女性ホルモンの分泌が活発になります。この女性ホルモンが増加してくることで、メラニン色素のもととなるメラノサイトが刺激され、肌内部のメラニン色素の量が増えます。

 

これまで薄かったシミやソバカスが濃くなったり、脇や足の付け根など、体のあらゆる箇所に色素沈着が見られるようになるのはこのためです。特に、体の中でももともとメラニン色素が多い乳首やデリケートゾーンは、黒ずみがはっきりと確認できるようになります。

 

メラニン色素の沈着

また、妊娠中乳首が黒くなるのは、産後の授乳への備えとも言われています。
産後は1日に10回近く、休むことなく赤ちゃんへの授乳が必要となります。
力いっぱいおっぱいに吸い付く赤ちゃんに対応できるように、からだが自然と準備を始めているということですね。

 

そして、産後授乳が始まると、肌を守ろうとするメラニン色素の働きが一層高まります。それにより乳首の色がより一層濃くなり乳首の皮膚自体も強く丈夫になります。

 

黒ずんだ乳首はもとの薄い色に戻るの?

一般的に妊娠・出産により黒ずんだ乳首は、授乳回数が減っていくにつれ、自然にある程度はもとの色へ戻っていくと言われています。

 

しかし何の手入れもなしに、妊娠や出産によって一度黒くなった乳首を完全に元のピンク色に戻すのは難しく、皮膚科で乳首の黒ずみ治療するを人も少なくありません。

 

乳首はインナーや授乳による摩擦で、肌の新陳代謝が乱れやすい場所であることから、妊娠・授乳期のホルモンの大量の分泌によって過剰に生成されたメラニンが完全に色素沈着を起こしてしまうからです。

皮膚科での乳首の黒ずみ治療法

皮膚科で乳首の黒ずみを治療するとなると、トレチノインハイドロキノン療法が行われます。高級化粧品に含まれるビタミンCやアルブチンの100倍近い美白効果を持つハイドロキノン配合のクリームと、そのハイドロキノンの浸透を高めるためのトレチノインという薬剤を処方してもらい、黒ずみ部分に塗っていく治療法です。

 

シミ・そばかす、ニキビや火傷の跡治療にも用いられる大変効果の高い美白療法なのですが、副作用の心配があることから残念ながら妊娠中・授乳期間中は治療を受けることができません。

 

反対にもし、すで妊娠中・授乳期間中が済んでいるのであれば、東大病院だけでなく大手美容皮膚科でも取り入れられるこのトレチノインハイドロキノン療法を検討してみてもいいかもしれません。

 

トレチノインハイドロキノン療法の効果・費用について詳しく見る

関連記事
生まれつき黒い乳首
生まれつき黒い乳首でも、医学的根拠に基づく対策を行えば、綺麗なピンクの乳首の色も夢ではありません。このページでは、乳首が黒い原因とともに、皮膚科で処方されるハイドロキノンやトレチノインについて紹介します。
加齢による黒ずみ
体質的にもともと色素が濃い方、妊娠・出産を経て黒くなってしまった方必見! 乳首をピンクにする化粧品はさほど効果が期待できません。美容整形外科でも推奨するトレチノインとハイドロキノンのなら黒ずみの除去に効果絶大です。
経験人数と乳首の黒さの関係
巷でよく聞く、遊んでいる女性=乳首が黒いという話の真相に迫ります。